バリアフリー住宅改修

高齢の方・障がいを持つ方が
安全に自分らしく暮らせる住環境づくりをお手伝い!

日常生活や社会生活において物理的な障害や、心理的な障害、
情報に関わる障壁などを取り除いていくことを
『バリアフリー』
と言い、スロープや手すりの設置はその代表的な対策となります。

実はこれらの設備、必要な形状や大きさ、数量などは
使う人やその家族によって全く異なります。
しかし現実には、せっかく住宅改修をしても、本当に必要な箇所に必要なものがなく
取付けできるところに取付けできるものがあるだけで、バリアフリーになるどころか
さらに邪魔なものになっているというケースも多くあります。

円満工房では、
《生活行為を成立させる援助を通じ、生命や生活を維持し
生きる意欲を引き出す》
という『介護』の視点を重視して
介護を受ける本人とその家族が安全で快適に暮らすことをサポートするための
住環境整備や関連する問題解決のお手伝いをいたします。

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る